逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)とは、ろ過膜の一種であり、水を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のこと。

孔の大きさは概ね2ナノメートル以下(ナノメートルは1ミリメートルの百万分の一)で限外ろ過膜よりも小さい。英語ではReverse Osmosis Membraneといい、その頭文字をとってRO膜とも呼ばれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



3008年11月01日

日本の水が危ない!

諸外国に比べて日本における水事情は

 
『安全である』 と考えられ続けてきました。


しかし、

原発事故による放射性物質による水の汚染、他、地下水の汚染など、

水道水への化学物質や金属の類の混入等による健康被害は年々増加しています。



このような物質は長年にわたり体内に蓄積されて、

深刻な疾患の原因ともなりえます・・・


「日本の水が危ない」と広く認識され水を購入する人が多くなっています。


今最も安全な水を作りだすと注目されている浄水器「逆浸透膜浄水器RO



逆浸透膜浄水器とは給水した水に圧力をかける事により、

水に含まれる放射能物質や有害物質などを限りなく除去して0.0001ミクロンの超微細分離膜から水分子だけを取り出すろ過システムです。



このように逆浸透膜で浄水された水をRO水と言います。

他の浄水器と逆浸透膜浄水器ROとを比べると、性能・機能が抜群に高く、世界において最も有効で優れた浄水技術と認められています。

今最も安全な水、逆浸透膜浄水器ROのトップへ戻る

 
posted by manri at 15:39| 日本の水が危ない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。